【励まされる言葉】親の介護を頑張る人に送るねぎらいメールの例文や声かけのコツを解説!

「親の介護が大変そうな友達を励ましたいけれど、どんな言葉で声掛けすればいいの?」と思う方もいるのではないのでしょうか。

この記事では、親の介護をする方へ効果的なメッセージの書き方や送りたいねぎらいの言葉を紹介します。

目次

ねぎらいメールの書き方と注意点

親の介護をする人の心境

まずは、親の介護をする人の心境を理解することから始めましょう。

親の介護をする人の気持ちで最も多いのは不安です。
「親が急に病気で倒れてしまったらどうしよう…」という心配を無くすことはできません。

不安の種類には、病気や認知症などの悪化だけでなく金銭的な不安も含まれます。

例えば、病気で倒れた場合の手術にかかる費用を残しておくことが必要です。
また、親の介護をしているため働くことができずに給料が減ってしまうことも考えられます。

そのため、親の介護をする人へのメールでは、体調面や金銭面の話を避けることが重要です。

相手が受け取りやすい表現や言葉選び

ねぎらいメールでは、相手にストレスのない文章を書くことが重要です。

メールを送る上で、ストレスをかけないためのポイントを3つ紹介します。

  1. 「頑張って」と言わない:人は頑張っていることに対して、「頑張れ!」と言われると自分の努力を認めてもらえていないと感じます。代わりに「応援しています」などの言葉で励ましの気持ちを伝えましょう。
  2. 具体的な話を盛り込みすぎない:具体的な話を盛り込むことで相手に感情が伝わりやすくなることは間違いありません。ただ反対に、不快な気持ちにさせてしまう可能性も高くなります。メールを受け取った人から「全然わかっていない」と思われると、せっかく送った激励が逆効果になってしまいます。そのため、「いつも頑張るあなたは素敵です」のように応援する姿勢を伝えられる文章が望ましいです。
  3. 相手の都合を優先する:介護をする人はストレスを抱えることが多く、ストレスが増えると少しの言葉遣いにも苛立ちやすくなります。もし仮に、あなたが相手のことを思って「カフェでも行きましょう」とリフレッシュに誘った場合でも、「私は暇じゃない」と思われるかもしれません。そのため、「もし余裕が出たら」「時間が合えば」などの言葉で相手の都合を優先していることを伝えましょう。

以上の効果的な表現を使うことで、相手にとって心に響くメッセージを送ることができるでしょう。

メールの構成とポイント

親の介護をしている方へ向けたねぎらいメールは、その方の努力や献身を称えるとともに、心の支えとなる言葉を伝えることが重要です。

  1. 励ましの言葉を添える:疲れやストレスが溜まっていることを想定して、相手に寄り添う文章を書くことを心がけましょう。敬意を表することも重要です。
  2. 具体的なサポートを提案する:カフェなどリフレッシュの機会を提案することで、相手に対する思いやりを示すことができます。
  3. 自分のエピソードを共有する:もし、自分自身が介護経験がある場合は、そのエピソードを共有することで、共感や理解を深めることができます。

このようなポイントを踏まえることで、親の介護をしている方に寄り添ったねぎらいのメールを書くことができます。

【例文】親の介護をしている人に贈りたいねぎらいの言葉

【例文】激励としてリフレッシュを提案するメール

こんにちは。
あなたは最近、親の介護を頑張っていますよね。

介護は大変で疲れると思うので、少しでも励ますことができたらとご連絡しました。

私は、あなたが親御様との関係を大切にしていることが素敵だと感じています。

親御様にとっても大きな心の支えになっていることでしょう。
人生の残りの時間を子どもと一緒にいられることはとても幸せだと思います。

ただ、少しあなたの体調が不安でもあります。頑張りすぎていませんか?
たまには休憩して、リフレッシュすることも大切ですよ。

私はいつでも待っているので、時間が空いたら気分転換としてカフェにでも行きましょう。
これからも、親御様の介護を頑張るあなたを心から尊敬し、応援しています。

【例文】日常的な介護に対する尊敬を表すメール

こんにちは。

あなたが親の介護に尽力していること、心から尊敬しています。
このメールを通じて、私からも感謝の言葉をお届けしたいと思います。

介護は簡単なことではありませんが、あなたは常に前向きな姿勢で進んでいることが素晴らしいと思います。親御さんも、あなたの支えがあることを幸せだと感じているでしょう。

また、あなたが自分の時間を使って、人のために努力していることに心から敬意を表します。
優しいあなただからできることであり、誰でもできることではありません。

最後に、あなたの優しさに私も助けられていることを伝えたいです。
私が困ったとき、そばにいて支えてくれるあなたにいつも感謝しています。

今後も困難な状況はあると思いますが、何か私で力になれることがあればご遠慮なく相談してください。
いつもありがとうございます。余裕が出たら、またお茶でも行きましょう。

まとめ

親の介護を頑張る人に対するねぎらいメールは、その方の努力や献身を称え、励ます効果があります。
この記事では、ねぎらいメールの構成やポイントについて解説しました。

ねぎらいメールを送る際は、相手に対する対抗を示す言葉や表現を意識して使いましょう。
これにより、メールが相手の心に響くものになります。

この記事を参考に、親の介護を頑張る人へのねぎらいメールを書いてみてください。
きっと、その言葉が相手の助けとなり、介護の道を歩む力になるでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。
こちらの記事では、介護で疲れている人が喜ぶプレゼントをご紹介していますので合わせてご覧ください。

シェアしていただけると励みになります!
  • URLをコピーしました!
目次