糖尿病性網膜症(とうにょうびょうせいもうまくしょう)

糖尿病性網膜症は、糖尿病によって網膜に障害が起こり、視力が低下する合併症のこと。

糖尿病性神経障害糖尿病性腎症と並んで、糖尿病の三大合併症のひとつである。
症状としては、網膜の血流が悪化し、視力低下や視界のかすみ、飛蚊症網膜剥離白内障、失明などが引き起こされる。

特定疾病のひとつであり、第2号被保険者介護保険によってサービスを受けるための条件である。

シェアしていただけると励みになります!
  • URLをコピーしました!
目次